自民党改憲草案については、様々な問題点が指摘されております。それについては、他サイトで多くの批判がありますので、そちらを見ていただきたいと思っております。ここでは、「公明党」の加憲案について、分かる範囲で法的分析を行い、問題点を明らかにできればと思います。


自民党改憲草案の法的分析についてはこちらのサイトの一読をお勧めいたします。

自民党憲法草案の条文解説


 

公明党 加憲案 法的分析等(待機中)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 公明党憲法調査会長を務める北側一雄中央幹事会会長は9日の記者会見で、憲法改正に関し「今、公明党案を提示する予定はない」と明言した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公明・北側一雄中央幹事会会長「党改憲案提示の予定なし」 9条めぐる自民との協議も否定 2017.11.9



公明党 憲法


公明党の「加憲」って、何をするのですか?

 

公明党の憲法改正

 

安保法制実現なら、9条改正「当面必要ない


公明党は憲法を改正しないという立場ではない 2017年8月24日(木)


来年の発議、簡単ではない=北側一雄公明党副代表-インタビュー・憲法改正を問う 2017/07/29

 

「国民の2/3支持 改憲には必要」 公明代表が認識示す 2017年11月13日


最高法規のあるべき姿を考える ―北側一雄 党憲法調査会長の発言― 2018年5月3日

「憲法改正案、与党協議せず」公明党 遠山清彦衆議院議員 2018/5/21

「憲法改正の状況では必ずしもない」公明・山口代表 2018年5月21日

公明と9条改憲 歯止め役を果たせるか 2018年10月1日



<理解の補強>


「加憲」の意味 2017-06-25

憲法改正案 憲法草案 改憲案 加憲案